ドラマ「脳にスマホが埋められた!(脳スマ)」伊藤淳史と新川優愛 企画は鈴木おさむ

LINEで送る
Pocket

最終更新日:2017年8月15日

ドラマ「脳にスマホが埋められた!(脳スマ)」主演は伊藤淳史、ヒロイン新川優愛 企画は鈴木おさむ

人気脚本家の鈴木おさむが手がける深夜ドラマが2017年7月6日、毎週木曜24時から日テレで放送です。

まず、「脳にスマホが埋められた!(脳スマ)」のあらすじを一言でまとめます。

脳にスマホがあり他人の秘密が見られる電話男

「脳にスマホが埋められた!」は鈴木おさむのオリジナル企画でタイトルの通りに脳にスマホのある男の一話完結のドラマです。

スマホマンとなるのは伊藤淳史、ヒロインには新川優愛を迎えます。

鈴木おさむ作品はネットで話題になることが多く、本作にも期待が高まります。

目次・脳にスマホが埋められた!

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式ツイッター
鈴木おさむ
概要とスタッフ

あらすじ、冴えない男が脳内スマホマンになる

折茂圭太は冴えないアナログな人間でスマホは使えずにガラケーを使っていた。

圭太はアパレル会社「エグザルトン」に勤めていたが、リストラの危機にあってしまう。

バツイチで9歳の一人娘がいる圭太は焦る。

そんな時、圭太はなぜか脳がスマホのようになる。

周囲にいる人間からはメッセージの吹き出しが飛び交う異常事態だ。

圭太と同じ会社で働く石野柳子は「脳内スマホ」の能力に気づき、社長への復讐を考え出す。

そして、脳内スマホマンとなった圭太はその能力で人間関係のトラブルに巻き込まれていく。

キャスト、伊藤淳史に新川優愛

折茂圭太 – 伊藤淳史
アパレル会社「エグザルトン」で働くリストラ候補の男。
脳内がスマホのようになり他人のメッセージが見られる能力を手にする。
バツイチで9歳の娘がいる。

石野柳子 – 新川優愛
エグザルトンで働く契約社員。
脳内スマホ人間の圭太に気づき、社長への復讐を考える。

安田部々香 – 安藤なつ(メイプル超合金)
エグザルトンで働く契約社員。
情報通で柳子が心を許す数少ない存在。

黒部仁 – 岸谷五朗
エグザルトン代表取締役。
会社を一代で築き上げた敏腕カリスマ社長で調子に乗っている。

栗山五月 – 篠田麻里子
エグザルトンの総務課で働く。
優秀な社員だったがやる気をなくしている。

田西譲司 – 岡田龍太郎
広告会社勤務で圭太とシェアハウスする。
お調子者で料理が得意なイケメン。

蜂谷薫 – 野村麻純
エグザルトンの総務課で働く毒舌家。

臼田定子 – ぼくもとさきこ
ゴシップ好きなエグザルトンの総務課員。

蟹江小夜 – 結城モエ
圭太に絡むエグザルトンの新入社員。

楓 – 中川知香
エグザルトンの受付。

栞 – 新田祐里子
エグザルトンの受付。

愛花 – 高嶋琴羽
圭太の一人娘。

竹ノ塚史郎 – 池田鉄洋
エグザルトンの総務課係長。

藤木友里 – 西丸優子
エグザルトンの社長秘書。

小堀守 – 戸田昌宏
エグザルトンの総務課課長。

相馬美羽 – 相楽樹
別ブランド「エグザルトン・オム」プレスで働き男をたぶらかす小悪魔。

予告編のナレーター – 草尾毅




Wikiwikiメモ、電車男から電話男へ

・ドラマは人助けを中心した1話完結のSFヒューマンドラマ

・伊藤淳史は2005年のドラマ「電車男」の主演を務めたため、本作では「電話男」になったと言われる

・伊藤淳史は子役時代にバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげです」でチビノリダーの役を務めた

・第3話のゲストには秋元才加が登場、篠田麻里子と元AKB同士の共演となる

公式ツイッター




鈴木おさむ、1月ドラマ「奪い愛冬」にヒットは続くか

2017年の1月からのドラマで大きな話題になったのが鈴木おさむが脚本を手がけたドラマ「奪い愛、冬」でした。

大谷亮平と倉科カナ、三浦翔平が出演して深夜ドラマとしては豪華と思わせ、視聴者のハートを鷲掴みにしたのが水野美紀のホラー演技。

韓国ドラマのような展開、現実にはありえないような奇抜なストーリーが光りました。

「奪い愛、冬」に続いて脳内スマホ人間のドラマはヒットするのか。

無難な展開には逃げない鈴木おさむの企画に期待です。

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年7月6日スタート、毎週木曜23時59分
放送局:日本テレビ(読売テレビ)
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@smahoman
企画:鈴木おさむ(ドラマ「奪い愛、冬」映画「ラブ×ドック」など))
発表日:2017年5月18日

・2017年7月〜9月のドラマ情報のまとめはこちら






LINEで送る
Pocket

ドラマ「脳にスマホが埋められた!(脳スマ)」伊藤淳史と新川優愛 企画は鈴木おさむ” への2件のフィードバック

  1. 折茂圭太は、上司の嘘の情報のせいでリストラの危機にあうのであって、仕事が出来ないわけではない。むしろ仕事は出来る方であったはずですが。そういうセリフもあります。
    間違っていたらすみません。

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)