ドラマ「過保護のカホコ」高畑充希が箱入り娘、相手に竹内涼真

Pocket

最終更新日:2017年6月17日

ドラマ「過保護のカホコ」高畑充希が民放ドラマで初主演

7月12日からの日テレの水曜日よる10時のドラマ枠は過保護な生活で育った娘のホームドラマです。

まず、ドラマ「過保護のカホコ」のあらすじを一言でまとめます。

過保護に育った女子大生の高畑充希が自分探しをする

2011年に大ヒットしたドラマ「家政婦のミタ」などで知られる遊川和彦によるオリジナルストーリー。

主演の女子大生役はNHK朝ドラ女優の高畑充希が民放ドラマで初主演となります。

娘を過保護に育てた親には黒木瞳と時任三郎。

高畑充希の相手役の男性俳優は竹内涼真です。

目次・過保護のカホコ

あらすじ
キャスト
wikiメモ
公式Twitter
ロケ地
概要とスタッフ

あらすじ、天然お嬢様女子大生のカホコが自分探しを始める

根本加穂子は何から何まで親の過保護な育て方のもと大学生を卒業する時期まで育ってきた。

朝は母親に起こしてもらい着る服まで選んでもらってきたカホコ。

家事やアルバイト、外泊どころか留守番さえもしたことがない人生。

大学に入っても天使のような笑顔で周囲が世話をしてくれるためカホコは何の問題もなく生きてきた。

そんなカホコは就職活動の間際となる21歳になった時、一人の青年に告げられる。

「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ!」。

それからカホコの自分探しが始まる。

カホコは「こんなの初めて!」という経験を通じて、新しい自分を見つけていく。

キャスト、高畑充希に黒木瞳と時任三郎 青年役は竹内涼真


根本加穂子(ねもと・かほこ) – 高畑充希
超過保護な環境で生きてきた女子大生。
世間知らずでピュア過ぎる奇跡の純粋培養人間。

根本泉 – 黒木瞳
娘のカホコを溺愛する母。
娘のすべてを把握していないと気が済まない。

根本正高 – 時任三郎
娘のカホコを愛する父。
純粋すぎる娘の将来を心配するも厳しくできない。

麦野初 – 竹内涼真
カホコとは正反対の環境で生きてきた青年。
温室育ちのカホコにキツイ言葉で接する。

・カホコの母の泉の実家、並木家
泉の母(初代) – 三田佳子
泉の父(福士) – 西岡徳馬
泉の妹(節) – 西尾まり
節の夫(厚司) – 夙川アトム
節の娘(糸) – 久保田紗友

・カホコの父の正高の実家、根本家
正高の父(正興) – 平泉成
正高の母(多枝) – 梅沢昌代
正高の妹(教子) – 濱田マリ




Wikiwikiメモ、高畑充希は民放ドラマで初の主演

・2016年のNHKの朝の連ドラ「とと姉ちゃん」に主役を務めた高畑充希は本作が初の民放ドラマの主演

・ドラマ発表時の高畑充希の衣装はプチプチの梱包材に「われもの注意」「天地無用」のシールを貼った特製ドレス

・タイトルは「過保護なカホコ」ではなく「過保護のカホコ」

公式ツイッター、PONに登場

ロケ地

・高畑充希と竹内涼真がいた広場
名称:キュポ・ラ広場
住所:埼玉県川口市川口1-1-1

概要とスタッフ

ドラマ放送日:2017年7月12日、毎週水曜22時
放送局:日本テレビ
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@kahogo_kahoko
脚本:遊川和彦(ドラマ「家政婦のミタ」映画「恋妻家宮本」など)
原作:オリジナル
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:大平太、田上リサ
演出:南雲聖一、日暮 謙、伊藤彰記、明石広人
ドラマ発表日:2017年6月4日
ドラマ撮影期間:2017年6月10日から

・2017年7月〜9月のドラマ情報のまとめはこちら






Pocket

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)