映画「ラブ×ドック」吉田羊と野村周平・吉田鋼太郎・玉木宏の恋 監督は鈴木おさむ


最終更新日:2017年4月22日

映画「ラブ×ドック」あらすじまとめ、主演は吉田羊 野村周平・吉田鋼太郎・玉木宏との恋

人気脚本家の鈴木おさむの初監督、吉田羊の初の単独主演の映画が2018年に公開です。

まず、映画「ラブ×ドック」のあらすじを一言でまとめます。

吉田羊が野村周平・吉田鋼太郎・玉木宏の3人と恋する

映画「ラブ×ドック」は不倫や年下など視点が変わる恋物語。

2017年の冬ドラマ「奪い愛、冬」で大きな反響を呼んだ鈴木おさむのオリジナル脚本、初の映画監督となって注目度も高まります。

では、ドラマや映画を解説する「あらすじ大全」が「ラブ×ドック」のストーリーやキャストをご紹介します。

目次・ラブ×ドック

あらすじ
キャスト
うんちく情報
ピックアップ俳優、吉田羊
ロケ地
概要とスタッフ

あらすじ、オーナーと不倫 若手から告白


郷田飛鳥はスイーツショップ「trad」を経営している。

飛鳥は同僚でひとまわり以上年下のパティシエから告白された。

恋多き女の飛鳥はスイーツショップのオーナーとも不倫しており、恋愛にはつらい思いが多い。

悩んだ飛鳥は「遺伝子検査をすれば恋にまつわることがすべてわかる」という不思議な診療所「ラブドック」に行き着く。

飛鳥は不倫や友人の好きな人との恋、はるか年下との恋で何かを失い、手に入れる。

キャスト、吉田羊と野村周平 吉田鋼太郎に玉木宏


郷田飛鳥 – 吉田羊
40歳でスイーツショップ「trad」を経営する。
若いパティシエの星矢、年上オーナーの淡井、友人が好きな野村と恋をする。

花田聖矢 – 野村周平
飛鳥と一緒にスイーツ店「trad」で働く青年。
ひとまわり以上年上の飛鳥に告白する。

淡井淳治 – 吉田鋼太郎
スイーツ店「trad」のオーナー。
飛鳥と不倫している。

野村俊介 – 玉木宏
飛鳥の友人が好意を持つ整体ジムのトレーナー。
友人ではなく飛鳥と親密になる。

権田 – 篠原篤
飛鳥と一緒に「trad」で働く見習いパティシエ。



うんちくポイント、鈴木おさむは映画で初監督

・放送作家・脚本家の鈴木おさむにとって本作が映画初監督

・吉田羊にとって本作が初めての映画単独主演

・吉田羊は本作を「ドキドキしながら、チクチクする」恋愛ものだと表現した

ピックアップ俳優、吉田羊とは


吉田羊(よしだ・よう)とは2月3日生まれの俳優。

愛称は「ひつじ」で一般に「よしだ・ひつじ」と呼ばれる。

小劇場の舞台で女優としてデビュー、フリーの女優として活動を始める。

川島なお美との芝居、中井貴一や三谷幸喜との出会いを経験して知名度を高める。

映画やドラマ、NHKの大河ドラマの常連となり、2014年のフジの月9ドラマ「HERO」で女性検事・馬場礼子を演じてメジャーになった。

グーグルでは「吉田羊 ジャニーズ」が検索上位になり、「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔と20歳差カップルかと話題になった。

個人事務所「ORANKU(おらんく)」に所属、本名は吉田羊右子(よしだ・ようこ)。

公式ブログ「放牧日記」の更新頻度は少ない。




ロケ地は巣鴨の地蔵通り商店街など

・商店街の撮影場所
名称:巣鴨地蔵通り商店街
住所:東京都豊島区巣鴨4-22-8

・吉田羊と野村周平が会話する喫茶店
名称:アルボ
住所:東京都江戸川区篠崎町7-15-11

概要とスタッフ 監督と脚本は鈴木おさむ

映画公開日:2018年
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@lovedocmovie
監督・脚本:鈴木おさむ
プロデューサー:山田雅子
ツイッター公式アカウント:@lovedocmovie
映画撮影期間:2017年4月〜5月

映画「ラブドック」のストーリーや出演者、うんちくまとめ

以上、映画「ラブドック」のストーリーや出演者、うんちく情報まとめでした。

・2018年の映画情報のまとめはこちら






コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)