ドラマ「100万円の女たち」主演は君の名は。主題歌RADWIMPS野田洋次郎

Pocket

最終更新日:2017年5月11日 
画像:小学館コミック

ドラマ「100万円の女たち」あらすじまとめ、主演は映画「君の名は。」の主題歌を担当したRADWIMPSの野田洋次郎

2016年に映画「君の名は。」で日本中の注目を浴びたロックバンド「RADWIMPS」のヴォーカル野田洋次郎がテレ東の深夜ドラマで初の主演を務めます。

まず、ドラマ「100万円の女たち」のあらすじを一言でまとめます。

小説家の男と5人の女の奇妙な同居生活

ドラマ「100万円の女たち」は主人公の小説家の男と同居する5人の女との不思議な生活の物語で青野春秋の漫画が原作です。

放送するテレビ東京は木曜深夜25時というドラマ枠を本作より新設しました。

「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」の野田洋次郎と組む5人の女優は松井玲奈や新木優子、武田玲奈と福島リラ、我妻三輪子です。

では、ドラマや映画を解説する「あらすじ大全」が「100万円の女たち」のストーリーやキャストをご紹介します。

目次・100万円の女たち

あらすじ
キャスト
wikiメモ
ピックアップ俳優、野田洋次郎とは
公式の注目ツイート
武田玲奈が下着姿を披露
概要とスタッフ

あらすじ、一人100万円を払う5人の女と同棲する作家の男


売れない小説家の道間慎は5人の女たちと一緒に住んでいる。

女子高生、引きこもり、明るい女、謎の女、室内では裸で出歩く女性。

道間は彼女たちの素性は詮索せず、朝と昼と晩の食事を準備する。

女たちは自由気ままに生活する一方で、家賃の名目で一人100万円を道間に払う。

そんな道間の家には毎日のようにFAXで「死ね」「人殺し」といった言葉が届く。

人が死ぬ作品は書かない小説家の道間慎の父親は人殺しだった。

1人の男の作家と素性不明の5人の100万円の女たち。

そこにあるのは金か愛か死か。

道間と5人の女たちによる奇妙な六角関係が続いていく。

キャスト、野田洋次郎と武田玲奈 松井玲奈にリリーフランキー


道間 慎 – 野田洋次郎(RADWIMPS)
売れない小説家で31歳。
5人の女性と同居している。
父親は死刑囚。

鈴村みどり – 武田玲奈
女子高生で17歳。
アセロラジュースを愛し、誰よりも先に起きる。
宝クジに当たったために大金を持っている。

小林佑希 – 我妻三輪子
ほうじ茶を愛する無口な24歳の女。
自室にこもってばかり。

塚本ひとみ – 松井玲奈
読書が好きな26歳の女。
紅茶が好きでヨガが日課。

開 菜々果 – 新木優子
つかみどころが無い20歳の女。
大物オーラを発しながら牛乳を好む。

白川美波 – 福島リラ
家では全裸の30歳。
道間の小説の仕事を馬鹿にしている。
お金を持っていそうな雰囲気がある。

道間達之 – リリー・フランキー
慎の父親で死刑囚。
母親とその愛人、警官を殺して収監されている。

花木ゆず – 中村倫也
人気のイケメン作家。

桜井誠二 – 山中崇
作家の慎を支える編集者。

森口竜市 – 池田鉄洋
慎を嫌い、花木を絶賛する評論家。

・その他のキャスト
遠藤雄弥、吉村界人、保紫萌香、井端珠里、筒井真理子、古舘寛治



Wikiwikiメモ、映画「君の名は。」と「この世界の片隅に」の音楽が集結

・テレビ東京が木曜深夜に「木ドラ25」の枠を新設して「100万円の女たち」を放送、テレビ東京とBSジャパンのほかネットフリックスでも配信する

・主演の野田洋次郎は「君の名は。」の大ヒット曲「前前前世」に引っ掛けたのかドラマ出演に際して「既存の枠にとらわれずに面白い作品ができるよう、前に前に挑戦していきたい」とコメントした

・野田洋次郎は2015年の映画「トイレのピエタ」で初主演、「100万円の女たち」で初の連ドラ主演と活動の場を広げている

・原作者の青野春秋の漫画「俺はまだ本気出してないだけ」は福田雄一監督・脚本、堤真一主演で2013年に公開した

・主演は映画「君の名は。」の主題歌の野田洋次郎、主題歌は映画「この世界の片隅に」の音楽のコトリンゴと2016年のヒット映画2作と関わった人物が本作で揃った

ピックアップ俳優、野田洋次郎とは


野田洋次郎(のだ・ようじろう)とは1985年7月5日生まれのミュージシャンで俳優。

ロックバンド「RADWIMPS」のボーカルとギター。

ラッドウィンプスの通称は「ラッド」で野田洋次郎が全ての作詞・作曲を担当している。

2001年にラッドを結成、2005年の4thシングル「25コ目の染色体」を東芝EMIから発売してメジャーデビューした。

2016年にアニメ映画「君の名は。」の音楽を担当、日本だけでなく世界での知名度を爆発的に高める。

野田洋次郎は2015年に手塚治虫原案の映画「トイレのピエタ」で俳優デビュー、第39回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した。

注目ツイート、野田洋次郎モテすぎ羨ましい




話題の第4話、武田玲奈が下着姿「私の下着姿を見てムラムラしますか」


ドラマの第4話が大きく話題になりました。

武田玲奈が下着姿で登場、野田洋次郎に詰め掛けます。

「人はセックスをすれば強くなりますか」

「私の下着姿を見てムラムラしますか」

「私が18歳になったらセックスしてくれますか」

野田洋次郎はその場ではセックスをせずに会話を終えます。

武田玲奈の部屋を出た後、野田洋次郎は松井玲奈にほっぺたをつねられる。

日本の2大玲奈にモテる野田洋次郎が羨ましすぎるとの声が多い。

概要とスタッフ 主題歌はコトリンゴ

地上波放送日:2017年4月13日、毎週木曜25時
放送局:テレビ東京
Netflix放送日:2017年4月7日
公式サイト:リンク
ツイッター公式アカウント:@tvtokyo_100man
監督:藤井道人、原廣利、桑島憲司
脚本:山田能龍、室岡ヨシミコ、中園勇也
チーフプロデューサー:大和健太郎
主題歌:コトリンゴ「漂う感情」
原作:青野春秋 
原作発表期間:2015年51号〜現在(ビッグコミックスピリッツ)

ドラマ「100万円の女たち」のストーリーや出演者、うんちくまとめ

以上、ラッドのボーカル野田洋次郎が福島リラや新木優子など5人の女と同棲するドラマ「100万円の女たち」のストーリーや出演者、うんちく情報まとめでした。

・話題の2017年4月〜6月のドラマ情報のまとめはこちら








Pocket

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)