映画「散歩する侵略者」主演長澤まさみ、長谷川博己や高杉真宙も出演


記事公開日:2017年2月5日
最終更新日:2017年2月5日 

映画「散歩する侵略者」あらすじまとめ、主演は長澤まさみ

平凡な男が突然に宇宙人を名乗り出す、不思議な物語の映画「散歩する侵略者」が9月16日に公開されます。

まず、映画「散歩する侵略者」のあらすじを一言でまとめます。

夫が突然に宇宙人になって妻が混乱

「散歩する侵略者」は劇団イキウメが2005年から舞台で演じ、劇作家の前川知大が2007年に小説として発行した人気の物語。

困惑する妻に長澤まさみ、宇宙人を名乗る夫に松田龍平、ジャーナリストに長谷川博己、第2の宇宙人に高杉真宙と映画界の実力者たちが集いました。

では、ドラマや映画などのあらすじを解説する「あらすじ大全」が映画「散歩する侵略者」のストーリーやキャストをご紹介します。

目次・散歩する侵略者

あらすじ
キャスト
うんちく情報
映画の概要

映画「散歩する侵略者」のあらすじ


加瀬鳴海と加瀬真治は不仲な夫婦だった。

ある日、夫の真治が行方不明になってしまう。

数日間の後、帰って来た夫は別人のように穏やかで優しくなっていた。

毎日のように散歩を始めた夫は妻の鳴海に「地球を侵略しに来た」と突拍子もない告白をする。

そんな時、町では一家惨殺事件が発生して奇妙な事件が続発する。

ジャーナリストの桜井は取材中に怪しい存在に気づく。

混乱する妻の鳴海、真実を探る桜井。

さらに鳴海の夫に続く第2の侵略者まで現れて騒動が大きくなっていく。

映画「散歩する侵略者」の主要キャスト

加瀬鳴海 – 長澤まさみ
突然、別人のようになって帰ってきた夫に翻弄される妻。

加瀬真治 – 松田龍平
ある日、行方不明になる。
戻ってきた時には穏やかな人格に変わり「地球を侵略しに来た」と妻に告げる。

桜井 – 長谷川博己
町で発生した一家惨殺事件を追うジャーナリスト。
謎の若者・天野と行動を共にする。

天野 – 高杉真宙
ジャーナリストの桜井と行動を共にする謎の若者。
実は加瀬真治に続く第2の侵略者。



映画「散歩する侵略者」のうんちくポイント

・劇団イキウメは劇作家・演出家の前川知大が主宰、2003年に立ち上げた

・映画のロケ地は栃木県宇都宮市のショッピングモール「ベルモール」や茨城県土浦市の「モール505」など

映画「散歩する侵略者」の概要

映画公開日:2017年9月16日
公式サイト:ー
公式ツイッター:@sanpo_movie
監督:黒沢清
脚本:田中幸子、黒沢清
配給:松竹、日活
原作:前川知大
映画撮影期間:2016年7〜8月

映画「散歩する侵略者」のストーリーや登場人物、うんちくまとめ

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」による映画「散歩する侵略者」のストーリーや登場人物、うんちく情報まとめでした。

・2017年の映画情報のまとめはこちら








コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)