映画「三度目の殺人」福山雅治と役所広司、広瀬すず出演 監督は是枝裕和


最終更新日:2017年3月24日

映画「三度目の殺人」あらすじまとめ、福山雅治と役所広司、広瀬すず出演

福山雅治と役所広司が対決する法廷サスペンス映画が2017年9月9日に公開されます。

福山雅治の2013年の映画「そして父になる」と同じく監督を務めるのは是枝裕和。

まず、映画「三度目の殺人」のあらすじを一言でまとめます。

弁護士・福山雅治と殺人犯・役所広司の対決

前科のある殺人事件の容疑者を役所広司が演じ、その事件の謎を福山雅治が追います。

若手女優のエースの広瀬すず、斉藤由貴や吉田鋼太郎などベテラン陣が揃い映画公開後に実力で観客を獲得いきそうです。

ドラマや映画などのあらすじを解説する「あらすじ大全」が福山雅治と役所広司の初共演の映画のストーリーやキャストをご紹介します。

目次・三度目の殺人

あらすじ
キャスト
うんちく情報
ピックアップ監督、是枝裕和とは
映画のスタッフ

あらすじ


重盛はなによりも勝ちにこだわる弁護士だ。

ある時、止むを得ず殺人の前科のある三隅の弁護を担当する。

三隅は30年前にも殺人の前科があり、今回の事件では解雇された工場の社長を殺した容疑をかけられていた。

三隅は事件について自供しており、死刑の可能性が高い。

しかし、重盛は三隅と会うたびに本当に殺人を犯したのかどうかに疑問を持つ。

事件の真相はいったいなんなのか。

重盛は事件に絡んだ人間たちの謎を追っていく。

主要キャスト

重盛 – 福山雅治
勝利にこだわる弁護士。
死刑になりそうな人間の弁護を担当する。

三隅 – 役所広司
30年前に殺人の前科がある男。
解雇された工場の社長を殺した容疑で起訴された。
犯行については自供している。

山中咲江 – 広瀬すず
重盛と三隅がかかわる事件の被害者の娘。

山中美津江 – 斉藤由貴
被害者の妻で咲江の母。

摂津大輔 – 吉田鋼太郎
重盛とコンビを組む弁護士。

川島輝 – 満島真之介
重盛を支える若手弁護士。

服部亜紀子 – 松岡依都美
重盛たちが所属する弁護士事務所の事務員。

篠原一葵 – 市川実日子
重盛と三隅がかかわる事件の担当検察官。

重盛彰久 – 橋爪功
30年前の三隅の殺人事件の裁判長。
重盛の父親でもある。



うんちくポイント

・映画のロケ地の一つは北海道の留萌市と北海道の増毛郡増毛町

・福山雅治と是枝監督のタッグは2013年の映画「そして父になる」以来、4年ぶり

・是枝監督は広瀬すずを2015年の映画「海街diary」で抜擢、その後に広瀬すずは映画界での大活躍が続いている

・音楽を担当するのはCDセールスは150万枚、楽曲のストリーミング再生回数は5億回以上のイタリアの人気クラシック作曲家のルドヴィコ・エイナウディ

ピックアップ監督、是枝裕和とは

是枝裕和(これえだ・ひろかず)とは1962年6月6日生まれの映画監督。

早稲田大学を卒業後、テレビ番組のADやドキュメンタリー番組の演出家として経験を積む。

1995年の江角マキコや浅野忠信が出演の「幻の光」で映画監督としての道を歩み始める。

2013年の福山雅治主演の映画「そして父になる」が第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど海外でも評価が高い。

映画監督と同時にテレビドキュメンタリーやCMなども担当、AKB48の2011の楽曲「桜の木になろう」のミュージック・ビデオも手がけた。

2014年4月から早稲田大学理工学術院教授に就任した。



概要とスタッフ

映画公開日:2017年9月9日
公式サイト:リンク
監督、脚本:是枝裕和(映画「そして父になる」「海街diary」など)
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
配給:東宝
映画撮影期間:2017年1月中旬〜3月

映画「3度目の殺人」のストーリーや出演者、うんちくまとめ

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」による映画「三度目の殺人」のストーリーや出演者、うんちく情報まとめでした。

・2017年の映画情報のまとめはこちら






コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)