映画「サムライせんせい」市原隼人が幕末から現代にきた武市半平太


最終更新日:2017年4月23日
画像:公式サイト

映画「サムライせんせい」あらすじまとめ、主演は市原隼人

幕末の志士の武市半平太が現代にタイムスリップする「サムライせんせい」が映画化されます。

2017年6月から撮影を開始、2018年をめどに公開の予定です。

まず、映画「サムライせんせい」のあらすじを一言でまとめます。

武市半平太が現代にタイムスリップ

「サムライせんせい」は幕末の志士、武市半平太が現代にタイムスリップして学習塾の先生として生きてく物語。

主演の武市半平太は市原隼人に決定、坂本龍馬役などの配役にも注目ですね。

では、ドラマや映画を解説する「あらすじ大全」が「サムライせんせい」のストーリーやキャストをご紹介します。

目次・サムライせんせい

あらすじ
キャスト
うんちくポイント
概要とスタッフ

あらすじ、武市半平太や坂本龍馬がタイムスリップ

1480331435
徳川幕府の長い時代が終わりを告げようとしていた幕末。

日本は尊王攘夷か公武合体かで大いに議論が湧いていた。

土佐勤王党盟主の武市半平太は尊王攘夷運動の中心にいたものの、失脚して獄中にいた。

そんな半平太が切腹を前にした時、何故か平成の日本にタイムスリップした。

半平太は現代の高知で学習塾を経営する老人の佐伯に助けられる。

佐伯家に居候し、幕末と現代の違いに悩みながらも半平太は学習塾を手伝い始める。

現代には同じようにタイムスリップしたかつての同士の坂本龍馬もいた。

半平太は現代日本の文化に迷い、子供達に「サムライせんせい」と呼ばれながら生きて行く。

主要キャスト、市原隼人


武市半平太 – 市原隼人
幕末の日本で尊王攘夷運動の中心にいた土佐藩出身の志士。
主君に無礼を働いた罪で切腹を申し渡されるが、150年後の日本にタイムスリップした。
真っ直ぐゆえに融通がきかない人間で幕末と現代日本のギャップに悩む。

坂本龍馬(楢崎梅太郎) – キャスト未発表
日本の歴史に名を残す土佐藩の志士で半平太の同志。
今日とで暗殺される直前に日本にタイムスリップ、現代では「楢崎梅太郎(ならさきうめたろう)」を名乗る。
インターネットやスマホに対応し、現代日本の格差を変えようと奮闘する。

佐伯真人 – キャスト未発表
学習塾を営む老人。
現代に現れた半平太を居候させて塾の先生として働かせる。



うんちくポイント、2015年に錦戸亮や神木隆之介でドラマ化

・「サムライせんせい」は2015年10〜12月に1テレビ朝日系で錦戸亮主演によりテレビドラマ化された

・2015年のドラマでの配役は武市半平太が錦戸亮(関ジャニ∞)、坂本龍馬が神木隆之介、他には比嘉愛未や藤井流星(ジャニーズWEST)、黒島結菜など

・明治維新150周年記念作品として、武市半平太の故郷の高知県をロケ地として2017年夏の撮影開始を目指す

・原作者の黒江S介は取材のために高知県を訪れていたが、2016年2月から高知市に移住した

概要とスタッフ 原作は黒江S介

映画公開日:2018年
公式サイト:http://samuraisensei.com/
原作:黒江S介
監督:渡辺一志(映画「キャプテントキオ」「新選組オブ・ザ・デッド」など)
プロデューサー:竹本克明
製作会社:ヴァンブック
原作発表期間:2014年〜現在(pixivコミックのクロフネZERO)

映画「サムライせんせい」のストーリーや登場人物、うんちくまとめ

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」による映画「サムライせんせい」のストーリーや登場人物、うんちく情報まとめでした。

・2018年の映画情報のまとめはこちら






コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)