映画「逆光の頃」あらすじまとめ〜高杉真宙が京都で青春する〜


記事公開日:2016年11月5日
最終更新日:2017年1月23日 
画像:太田出版

映画「逆光の頃」あらすじまとめ、主演は高杉真宙

OL風の女性「フチ子」が腰をかけるフィギュア「コップのフチ子」の原案者であり、異才のマンガ家のタナカカツキの名作が実写映画化されます。

原作「逆光の頃」は1988〜1989年に「コミックモーニング」と「モーニングOPEN」で連載、2009年には新装版も発売されました。

まず、映画「逆光の頃」のあらすじを一言でまとめます。

高杉真宙が京都で青春する

「逆光の頃」は京都を舞台に普通の高校生がシュールでかつみずみずしい青春を送る物語です。

2017年は映画「PとJK」「トリガール!」などで活躍する高杉真宙が映画「逆光の頃」で主演を務めます。

では、ドラマや映画、経済事象などのあらすじを解説する「あらすじ大全」が映画「逆光の頃」のストーリーやキャストをご紹介します。

映画「逆光の頃」のあらすじ

日本の歴史を感じさせる古都、京都。

国内外から大勢の観光客が訪れる町にも普通の若者の生活がある。

赤田孝豊は京都生まれで京都育ち。

同級生たちとの友情やケンカ、幼なじみの女の子への恋などを孝豊は京都で経験する。

思春期ならではの不安定な心と、若者ゆえの輝く時間。

孝豊は京都での青春を過ごしていく。

映画「逆光の頃」の主要キャスト

赤田 孝豊 – 高杉真宙
京都に生まれて暮らす高校生。
幼なじみの女の子に恋をしている。

? – 葵わかな



映画「逆光の頃」のうんちくポイント

・映画は原作の全12編のうち「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3作とオリジナル部分を映像化

・映画の撮影は約1カ月半をかけたオール京都ロケ

・京都の花街の上七軒、鴨川を渡る四条大橋などがロケ地になっている

映画「逆光の頃」の概要

映画公開日:2017年
公式サイト:ー
原作:タナカカツキ
監督、脚本:小林啓一(映画「ももいろそらを」「ぼんとリンちゃん」)
原作発表期間:1988〜1989年
原作の新装版発売日:2009年7月30日

映画「逆光の頃」のストーリーやキャスト、うんちくまとめ

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」による映画「逆光の頃」のストーリーやキャスト、うんちく情報まとめでした。





コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)