NHKドラマ「コピーフェイス~消された私~」あらすじまとめ〜故人と入れ替わり新しい人生〜


記事公開日:2016年10月9日
最終更新日:2017年1月9日 
画像:公式サイト

NHKドラマ「コピーフェイス~消された私~」のあらすじまとめ、主演は栗山千明

大ヒットアニメ映画「君の名は。」の名シーンで「入れ替わってる!?」の言葉が流行している2016年秋、タイムリーなドラマをNHKが放送しました。

アメリカの人気作家のサンドラ・ブラウンが原作のドラマ「コピーフェイス~消された私~」が2016年11月18日からスタート。

まず、ドラマ「コピーフェイス~消された私~」のあらすじを一言でまとめます。

故人と入れ替わり新しい人生

ドラマでは飛行機事故により女性の週刊誌記者が不正を追及していた美容外科クリニックの理事長夫人として生還してしまいます。

主演の栗山千明が入れ替わった人生をどう演じるのかに注目ですね。

では、世の中のあらゆる物語、事象のあらすじを解説する「あらすじ大全」がNHKドラマ「コピーフェイス~消された私~」のあらすじと、記事の後半では原作のネタバレをご紹介します。

NHKドラマ「コピーフェイス~消された私~」のあらすじ

広沢和花はスクープを追う週刊誌記者として働いていた。

ある時、美容外科クリニックの不正を暴こうとしてクリニックの理事長夫人の調査を開始する。

しかし、夫人と一緒に乗った飛行機が事故で墜落してしまう。

和花はクリニックの理事長夫人と間違えて救い出されて、傷付いた容姿を理事長夫人の姿に完全整形されてしまう。

当初、和花は事故のショックで記憶を失い理事長夫人として生活を過ごしていた。

そこから和花が記憶を取り戻した時はすでに理事長夫人としての生活も板につき、夫を愛してしまっていたのだ。

愛する他人の夫と他人の人生を生きるのか、週刊誌記者としてクリニックの不正追及を再開するのか。

入れ替わった人生に直面する和花の葛藤が続く。

NHKドラマ「コピーフェイス~消された私~」の主要キャスト

広沢和花(ひろさわ・のどか、35) – 栗山千明・西原亜希
フリーランスの雑誌記者で常にスクープを狙う野心家。
飛行機事故をきっかけに、別人だった医者の嫁として生きる。
母親の育児放棄により児童養護施設で育った。

朝倉柊二(あさくら・しゅうじ、36) – 佐藤隆太
36歳の若さで大手の美容外科「朝倉クリニック」の理事長を務める。
医者ではないが経営手腕を買われて理事長となった。

朝倉芙有子(あさくら・ふゆこ、32) – 栗山千明
柊二の妻でわがままな悪女だったが飛行機事故で死亡する。
だが、死亡時に広沢和花と間違われて形式上は生存する。

朝倉由麻(あさくら・ゆま、5) – 中川江奈
柊二の娘で母親に怯えて育ってきた。

朝倉洋人(あさくら・ひろと、33) – 玉置玲央
柊二の弟で朝倉クリニックの院長。
一見すると穏やかな人柄のカリスマ美容外科医だが、実は自己演出により声望を保っている。

朝倉弘明(あさくら・ひろあき、71) – 寺田農
柊二と洋人の父親で朝倉クリニックの元理事長・医院長で厳格な人物。

朝倉佐枝子(あさくら・さえこ、68)…田島令子
柊二と洋人の母親で夫には逆らわない。

三島奈那子(みしま・ななこ、30)…芦名星
朝倉クリニックの看護師長で柊二に好意を持っている。

橘慎一(たちばな・しんいち、48)…鶴見辰吾
月刊誌「リアル・トゥデイ」の編集長で和花の秘密を知る唯一の存在。

森山ちひろ(もりやま・ちひろ、35)…前田亜季
和花の親友で同じ児童養護施設に育った。



NHKドラマ「コピーフェイス~消された私~」のうんちくポイント

・サンドラ・ブラウンの原作ではTVリポーターが上院議員候補夫人と入れ替わる

・栗山千明はNHK BSプレミアムで2015年の「独眼竜♡花嫁道中」や2013年の「死刑台の72時間」などに出演実績を持つ

・佐藤隆太は放送時は役年齢と同じ36歳

・朝倉クリニックのロケ地は産婦人科「レディース&マタニティクリニック サンタクルス ザ シュクガワ」
cqtkzrs93i8bju_1478402807_1478402860
出展、公式サイト:http://www.santacruz.or.jp/faci/shukugawa
ドラマ「コピーフェイス~消された私~」の物語の中心の美容外科「朝倉クリニック」のロケ地は兵庫県西宮市にある産婦人科「サンタクルス ザ シュクガワ
」で見た目が豪華

NHKドラマ「コピーフェイス~消された私~」の概要

放送開始日:2016年11月18日22時〜(毎週金曜日、全6回)
ドラマ公式サイト:http://www.nhk.or.jp/drama10/copyface/
原作:サンドラ・ブラウン
脚本:篠﨑絵里子
音楽:窪田ミナ
主題歌:加藤ミリヤ「最高なしあわせ」
制作統括:真鍋斎
プロデューサー:木村明広
演出:佐々木善春、尾崎裕和
原作発売日:2016年11月1日

小説「コピーフェイス(原題:「私でない私」)」のネタバレ

〜ここから原作のネタバレ〜
・主人公の女性(TVリポーター)は飛行機で大怪我を負い、主人公の男性(上院議員候補)の妻と間違えられて生還する

・亡くなった女性は夫(上院議員候補)を殺害する計画に関わっていた

・主人公の女性は形式上の夫の殺害計画を知り、阻止しようと考える

・主人公の女性は上院議員候補の妻として生きているうちに相手を愛するようになる

・ジャーナリストとして働いていた主人公の女性は上院議員候補の夫をよく助け、二人は新しい夫婦関係を築いていく

ドラマ「コピーフェイス~消された私~」のあらすじやキャスト、うんちくまとめ

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」によるドラマ「コピーフェイス~消された私~」のあらすじやキャスト、うんちく情報まとめでした。



コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)