実写映画「BLEACH(ブリーチ)」あらすじまとめ〜死神代行篇ならイケる〜


記事公開日:2016年10月2日
最終更新日:2017年1月15日 
画像:少年ジャンプ

実写映画「BLEACH(ブリーチ)」あらすじ、キャストまとめ

福士蒼汰は大人気漫画の実写化でどんな評価を受けるか。

少年ジャンプの大人気漫画ブリーチが2018年に実写化されます。

まず、実写版映画「BLEACH(ブリーチ)」のあらすじを一言でまとめます。

死神代行篇ならイケるのではないか

長い歴史を持つブリーチは序盤の死神代行篇から尸魂界篇、破面篇など多くのストーリーを持っています。

2018年の実写化では序盤の死神代行篇がテーマのため高校生の生活が中心となり実写化に向いていそうです。

映画の撮影現場から福士蒼汰以外のキャストは杉咲花、玉木宏、城田優などの名前があがっています。

では、世の中のあらゆる物語、事象のあらすじを解説する「あらすじ大全」が実写版映画「BLEACH(ブリーチ)」のあらすじをご紹介します。

実写映画「BLEACH(ブリーチ)」のあらすじ


黒崎一護は霊が見えてしまう高校生だ。

一護は霊が見えること以外は空座町(からくらちょう)で普通の高校生として生活を過ごしていた。

ある日、突然現れたのは尸魂界(ソウル・ソサエティ)という世界で死神の朽木ルキア。

悪霊である虚(ホロウ)を退治するために、ルキアは一護に死神の力を与える。

重症を負ったルキアの代わりに一護は虚(ホロウ)を退治する死神の代行の仕事をせまられる。

一護は家族や仲間達を守るために空座町で死神代行としての命がけの活動を始める。

実写映画「BLEACH(ブリーチ)」の主要キャスト

黒崎一護 – 福士蒼汰
普通の高校生だったがルキアに死神の力を託されて死神代行の仕事を始める。
大きな刀の斬魄刀を背負っている。

朽木ルキア – キャスト未発表
空座町をホロウから守る女の死神。
自身が窮地に陥り死神の力を一護に託してしまう。

井上織姫 – キャスト未発表
一護のクラスメイトで優しい女性。
一護が好きでマイペース。

石田雨竜 – キャスト未発表
一護のクラスメイトでホロウを退治する「滅却師」(クインシー)の一族。
一護たち死神とは反発する。

茶渡泰虎 – キャスト未発表
一護のクラスメイトで屈強な男性。
原作での「茶渡の霊圧が消えた」のコメントはネットの流行語の一つ。



実写映画「BLEACH(ブリーチ)」のうんちくポイント

・死神代行篇は単行本で1巻〜8巻、アニメ版では第1〜20話

・学校の撮影シーンのロケ地は埼玉県立三郷工業技術高校との目撃情報あり

・映画のロケ地で相模大野駅付近のコリドー通りで斬魄刀を持った福士蒼汰が多数目撃された

実写映画「BLEACH(ブリーチ)」の概要

映画公開日:2018年
映画公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/bleach-movie/
監督:佐藤信介
原作:久保帯人
制作プロダクション:シネバザール
配給:ワーナー・ブラザース映画
原作掲載期間:2001〜2016年

実写映画「BLEACH(ブリーチ)」のあらすじや登場人物、うんちくまとめ

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」による実写版映画「BLEACH(ブリーチ)」のあらすじや登場人物、うんちく情報まとめでした。

・2018年の映画情報のまとめはこちら





コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)