映画「昼顔」あらすじまとめ〜不倫して別れた上戸彩と斎藤工がまた出会う〜


記事公開日:2016年9月28日
最終更新日:2017年1月12日 

映画「昼顔」のあらすじやキャストまとめ

上戸彩と斎藤工の不倫物語が映画になって帰ってきます。

2014年にフジテレビ系列で放送されたドラマ「昼顔」の世界の3年後が映画で描かれます。

まず、映画「昼顔」のあらすじを一言でまとめます。

不倫して別れた上戸彩と斎藤工がまた出会う

ドラマは上戸彩、斎藤工、吉瀬美智子、北村一輝などのドロドロの不倫の物語でした。

3年後の「昼顔」は穏やかな生活と再びの破壊が描かれるのか。

では、世の中のあらゆる物語、事象のあらすじを解説する「あらすじ大全」が映画「昼顔」のあらすじをご紹介します。

映画「昼顔」のあらすじ


高校の生物教師の北野裕一郎は紗和との不倫が明らかになって学校を退職した。

裕一郎は退職時には校内放送で「この世に生を受けた以上、将来誰かを真剣に愛してください」と話して物議をかもす。

裕一郎と紗和の不倫が二度と起きないため、弁護士を交えて偶然にも会えないように離れた場所で暮らすと決めた。

裕一郎は年上で厳しい妻の乃里子と共に、慣れ親しんだ町を離れて海辺の町で暮らしていた。

紗和は結局、離婚して一人になった。

誰もの人間関係を壊した不倫をした裕一郎と紗和はもう二度と合わないはずだった。

しかし、裕一郎が暮らす海辺の町に紗和がやってきて二人は再会してしまう。

映画「昼顔」の主要キャスト

紗和(さわ) – 上戸彩
高校教師の北野裕一郎との浮気がきっかけで夫の笹本俊介と離婚した。
離婚から3年後に元不倫相手の北野と海辺の町で再会する。

北野裕一郎(きたの・ゆういちろう) – 斎藤工
高校の生物教師だったが紗和との不倫がきっかけで学校を去る。
分子生物学研究室准教授で妻の乃里子に浮気がばれて紗和と別れされられ、海辺の町で暮らしている。

北野乃里子(きたの・のりこ) – 伊藤歩
裕一郎の嫁で分子生物学研究室の准教授。
夫の不倫を見抜いて二人を引き離し、海辺の町で夫と新しい生活をやり直している。

杉崎尚人 – 平山浩行
紗和が働くレストランのオーナー。



映画「昼顔」のうんちくポイント

・2014年7月期に放送されたドラマは「昼顔妻」との言葉を作り、流行語大賞にもノミネートされた

・2014年のドラマ「昼顔」は平均視聴率13.9%、最高視聴率16.7%

・ドラマ「昼顔」は仏・伊合作映画「昼顔」をオマージュしたオリジナルの作品

・ドラマでのネタバレを一言でまとめると不倫していた上戸彩は夫と別れ、斎藤工は妻との生活が続く

・配給の東宝とフジテレビは映画「昼顔」で大々的な有料ネット配信の計画があると一部で報道されている

映画「昼顔」の概要

映画公開日:2017年6月10日
映画公式サイト:http://hirugao.jp/
映画撮影期間:2016年9月24日から11月上旬
監督:西谷弘(「容疑者Xの献身」、「真夏の方程式」など)
脚本:井上由美子
配給:東宝

映画「昼顔」のあらすじやキャスト、うんちくまとめ

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」による映画「昼顔」のあらすじやキャスト、うんちく情報まとめでした。

・2017年の映画情報のまとめはこちら





コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)