実写映画「ひるなかの流星」主演は永野芽郁、三浦翔平と白濱亜嵐の三角関係

Pocket

最終更新日:2017年3月5日 
画像:マーガレット

実写映画「ひるなかの流星」あらすじなどまとめ、主演は永野芽郁

やまもり三香の漫画「ひるなかの流星」の実写映画が2017年3月24日に公開です。

まず、「ひるなかの流星」のあらすじを一言でまとめます。

女子高生が先生に恋をする

「ひるなかの流星」は田舎から都会にやってきた女子高生が先生に恋をする王道の恋愛物語。

主人公の永野芽郁と恋愛する先生役に三浦翔平、同級生は「GENERATIONS from EXILE TRIBE」から白濱亜嵐とイケメンが揃いました。

では、世の中の映画やドラマのあらすじを解説する「あらすじ大全」が映画「ひるなかの流星」をご紹介します。

目次・ひるなかの流星

あらすじ
キャスト
うんちく情報
概要とスタッフ

実写映画「ひるなかの流星」のあらすじ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-20-36-50
田舎でのんびりと暮らしていた与謝野すずめ。

両親が海外転勤になったため、東京に住み飲食店を経営するおじの諭吉のもとで生活することになった。

田舎と違って複雑な東京はわかりにくく、すずめは上京して初日から迷子になる。

熱を出して公園で倒れていたすずめを救ったのは高校教師の獅子尾。

獅子尾はすずめのおじの諭吉が営む飲食店の常連客で場所を把握しており、すずめを目的地まで送った。

すずめが出会った時はあやしい人と思った獅子尾は自分の通う高校の教師だった。

なにかと自分を気にかけてくれる獅子尾にすずめは好意を持っていく。

田舎から東京の学校に転入してきたすずめにとってはじめて友達となった馬村はすずめに好意を持つ。

東京にやってきたすずめの恋模様はいったいどうなるのか。

主要キャスト


与謝野すずめ(よさの・すずめ) – 永野芽郁
両親の海外転勤をきっかけに田舎から東京のおじさんのもとに預けられることになった女子高生。
上京初日で迷子になったところ、担任になる獅子尾に助けられてそのまま恋に落ちる。

獅子尾五月(ししお・さつき) – 三浦翔平
すずめの担任の教師。
すずめのおじさんが経営する飲食店の常連客だった。

馬村大輝(まむら・だいき) – 白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
すずめのクラスメイトの男子高校生。
無愛想だが女子に対して奥手な面があり、すずめに好意を持つ。

猫田ゆゆか – 山本舞香
すずめのクラスメイトで女子力が高い。
愛想がよく実直な性格で、馬村に好意を持っている。

熊本諭吉 – 佐藤隆太
すずめが頼りにする叔父。

与謝野聡子 – 西田尚美
すずめの母親。



うんちくポイント

・獅子尾はすずめのことを「ちゅんちゅん」というあだ名で呼ぶ

・作者は馬村大輝をメンズノンノモデルの坂口健太郎をイメージして描いており、単行本9巻などでコラボも実現している

・映画のロケ地では学校シーンは栃木県の旧足利西高校で、映画「ちはやふる」や「斉木楠雄の災難」など定番の撮影場所

・映画の撮影は11月末にクランクアップ、永野芽郁は「原作と同様にキュンとするシーンの詰まった撮影だった」とコメント

概要とスタッフ

映画公開日:2017年3月24日
公式サイト:http://hirunaka.jp/
監督:新城毅彦(映画「四月は君の嘘」など)
脚本:安達奈緒子
原作:やまもり三香
原作の発表期間:2011年5月20日〜2014年11月5日

実写映画「ひるなかの流星」のあらすじやキャスト、うんちくまとめ

以上、世の中のあらすじ・歴史・変遷をまとめる「あらすじ大全」による実写映画化された「ひるなかの流星」のあらすじやキャスト、うんちく情報まとめでした。

・2017年の映画情報のまとめはこちら








Pocket

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)